Top > 注目 > 提示された査定額の根拠

提示された査定額の根拠

住宅ローンを組んで新居を購入する場合、ローンの貸付は家が建築されてから始まることが基本的な場合です。

 

ですから、それまでの間(注文住宅を購入し建設が始まってから完成するまで)に生じる工事の着工金などの費用はローンとは別に手元に準備しなければいけません。

 

従来住んでいた家を売却し、ある程度の元手があるならなんとかなるでしょうが、売買が成立する前にお金が必要になった場合は困ります。

 

つなぎ融資なら、そんな時に一時的な融資を受けることができます。

 

ローンに残りがある場合だとゼロにしてからでないと、不動産の売却は不可能です。

 

完全に払い終わることができなくても、売却という手段しか残されていなかったら、可能な方法は任意売却です。

 

任意売却の経験豊富な会社がいくつもありますのでまずは相談しに行ってみて、納得できたら依頼して、自分では難しい債権者との交渉を代行してもらうのが最善の方法です。

 

不動産業者の中には、強引な契約を迫ったり、査定段階で売却を強いるような悪徳業者がいます。

 

売却予定の不動産物件を一斉査定した時に、他の会社より極端に高すぎる査定額を出してくる業者は、悪徳業者である可能性が高いため、注意深くなった方がいいです。

 

このように、悪徳業者が見分けやすいのも不動産会社に一括査定を依頼する良さだと言えるでしょう。

 

あるいは、提示された査定額の根拠について詳しい説明を求めても、回答してくれなかったり、曖昧に誤魔化そうとするところも悪徳業者である可能性が高いです。

プリート予約

注目

関連エントリー
体臭を消す効果のある食品提示された査定額の根拠ユニークなフラッシュモブ結婚式に挑戦したいキムタクドラマの評価理想的なはんこびかんれい茶の評判を知るプロポーズで出来るサプライズのアイデア
カテゴリー
更新履歴
体臭を消す効果のある食品(2018年7月29日)
脚がすらりとしてくれたらどんなにいいか(2018年5月28日)
5分もあれば終了するA102(2018年5月22日)
買取価格が一気に低下するA100(2018年5月22日)
必ず備えるべき知識A199(2018年5月22日)